庭の草取りや庭木の伐採を加えるだけで理想の庭に大変身

自宅の庭に新な使い道を見出す

草取りと庭木の伐採で多目的スペースを作る

庭が広いと、草取りや庭木の伐採をするのに大変な思いをしてしまいます。このような庭の手入れ作業は、専門業者に依頼することをオススメします。

庭木の手入れにかかるコスト

草取りや庭木の伐採などを業者に依頼すると、年間5万円ほどの管理費がかかってしまいます。何年もこの管理費を出費するとなると、トータルで見るとかなり大きな出費となります。庭として使用しているスペースに別の使い道があるなら、思い切って潰してしまうのも良いかもしれません。例えば駐車場や多目的スペースなど、使い道はいろいろあります。上手なスペース活用ができるのであれば、費用を浮かすこともできるので、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

専門業者に依頼した人の声

庭が広く、草取りが億劫で相談(40代/男性)

戸建て住宅に住んでいるのですが、庭が結構広く、これまで手入れに結構な時間を費やしていました。夏場にすごい勢いで伸びてくる雑草の草取りは特に億劫に感じており、実際大変でした。そこで業者に依頼し、思い切って庭木を全て伐採してもらいました。加えて、ダニやノミの消毒もしてもらっています。

中古物件で元からあった庭木を伐採(30代/女性)

庭に山茶花が植えられてからというもの、庭でチャドクガの幼虫がよく見られるようになりました。こどもが刺されてしまうことを危惧し、専門業者に依頼し伐採してもらうことにしました。業者の方からいろいろなアドバイスを受け、山茶花以外にも数本の庭木を伐採しています。

実家の庭木の伐採や草取り依頼(30代/男性)

庭の手入れはいつも祖父がやっていたのですが、その祖父が先日亡くなってしまいました。そこで、ほとんど何も植えられていなかったスペースに手を加え、私のこどもの遊び場にすることにしたのです。しかし、自分の手で庭を改良することはできないと思ったため、業者に草取りと伐採を依頼。そのあと自分で防草シートを施工し、簡単な遊び場を作ることができました。

庭に手入れを加えることで、いろいろな使い道が広がります。業者に依頼すれば、効率良く手入れを進めることができます。駐車場やこどもの遊び場などを設けたいという方は、それらを庭に設けるということを検討してみるのも良いかもしれません。

庭の一部で駐車場を作るなら草取り対策を

雑草対策と多目的スペース

伐採

庭の手入れを極力楽に行ないたいというのであれば、どの方法が効率良く進められるか、ということを考えましょう。例えば草むしりや庭木の伐採は、雑草対策や害虫対策にとても効果的です。駐車場や多目的スペースとして使う予定があるなら、手入れをした後にレンガやタイルを敷くなど、いろいろなやり方があります。

庭を駐車場に変える施工

庭の一部分を駐車場にする場合、どのような感じで作業を行なうかによって施工費用が大きく変わります。草取りや庭木の伐採を業者に依頼する場合は、業者に聞いてみるとよいでしょう。もし業者が近いサービスを行なっていれば、だいたいの費用を教えてもらえるかもしれません。エクステリアの専門店に問い合わせれば、細かい見積もりを出してもらうことができます。

手入れが楽な庭・駐車場作り

雑草対策には、主に3つの方法があります。「抜く」「枯らす」「予防する」の3つです。いずれも、草取りや除草剤、防草シートなどの作業及びアイテムで施工できます。楽に手入れをしたいのであれば、やはり業者に依頼するのが一番です。駐車場づくりを計画しているのであれば、手入れ後の庭に何を敷くのかという部分に関しても慎重に考えましょう。

TOPボタン